“SASUKE”
RIVORAによる本格的アート・コラボレーション 伝説の写真家、深瀬昌久による愛猫サスケをモチーフにした作品「サスケ」をTシャツに 「僕自身猫と化し、子猫から成長するまでを共同生活者として写そうと思い立った」と語る 1年間の成長を撮影した作品群をTシャツに 「猫の瞳に私を映しながら、その愛しさを撮りたかった」と語る深瀬昌久の世界観を感じるTシャツです 深瀬昌久 Masahisa Fukase(1934-2012)​ 北海道の写真館に生まれる。日本大学芸術学部写真学科卒業後、東京を拠点に写真で食べていく道に進む。1974~76年には、荒木経惟、森山大道、東松照明らとともにWORKSHOP写真学校で講師を務めた。写真集に『洋子 / Yohko』(1978, 朝日ソノラマ)、『ビバ!サスケ』(1979, ペットライフ)。代表作に「鴉」が知られる。1992年に新宿の行きつけのバーの階段から転落。活動不能となってしまったため、謎多き写真家として長い間ヴェールに包まれていたが、2014年にトモ・コスガによる「深瀬昌久アーカイブス」が発足し、その相貌が明らかになりつつある。

 

商品説明

 

孤高

逆光を利用し、シルエットだけ写された凛とした佇まい

程よい肉厚と滑らかな肌触りのTシャツ生地
上質感を感じていただけるTシャツです
ベーシックなシルエットです
当店ではリラックス感を出して着用いただけるように、
敢えて大きめのサイズでセレクトしております。

 

着用モデル 179㎝ 68㎏
着用サイズ  L
素材・品番

 

Cotton 100%

RA1-MUT002

サイズ詳細

 

サイズ肩幅袖丈身幅着丈
M45cm21cm49cm68cm
L47cm22cm51cm71cm
XL49cm23cm54cm72cm

※平置きにして、実寸を計測しております。
サイズに関しては、若干の個体差もございます。御了承ください。
立体裁断の場合、おおよその位置での計測となります。

オーダー